2014年3月アーカイブ

縄跳びによるダイエットについて

数あるダイエット方法の中に縄跳びダイエットというものがあります。ダイエットはボディバランスを整えるためだけでなく、メタボリック症候群の予防など健康のために行う人もいます。ダイエットの方法は実に色々なものがあり、多くの人が自分に合うダイエット方法を模索しています。ダンベル運動、ウォーキング、水泳でのダイエットや、たまごダイエットやリンゴダイエットなどの食事の置き換えダイエット、半身浴ダイエットなどがあります。枚挙に暇のないほどのダイエットがあるのです。

縄跳びダイエットはインターネット上にある口コミダイエットサイトなどでも多く紹介されていて、取り組んでいる人も多いダイエット方法のひとつです。ほとんどの人は幼少期に縄跳びの経験があるでしょうから、今またダイエットのために縄跳びをするということには、さほど抵抗がないのではないでしょうか。縄跳びダイエットはその名の通り、縄跳びを使って跳跳ねることでカロリーを消費して痩せるためのダイエット方法です。

人によって縄の跳び方は色々で、足を揃えて跳ぶ人、片足ずつ踏みしめながら跳ぶ人など、おのずと運動量にも差が出ます。ただ漫然と縄跳びをするのではなく、技を利かせた跳び方や運動量の高い跳び方をした方がダイエットにはいいようです。また、縄跳びダイエットは体全体のダイエットにも効果があるようです。もしも全身ではなく部分的にダイエットをしたいならぱ、跳び方に一工夫が必要です。足だけのダイエットなども可能です。

続きを読む

縄跳びダイエットに役立つアイテム

縄跳びダイエットに役立つアイテムについて。縄跳びを準備することは縄跳びダイエットをするために最低限必要なことではありますが、縄跳び以外にも準備した方がダイエットがやりやすくなる道具があります。縄跳びダイエットに役立つアイテムは足下なのです。縄跳びダイエットは、跳び方次第では足痩せにも効果があるとされるダイエット方法です。縄跳びは体全体を使いますが、上半身よりは下半身への運動量が元々多いダイエットであるという特徴があります。従って、縄跳びダイエットを行う時は、足の関節や膝などへあまりダメージがかからない靴選びが必要です。

縄跳びをする時は、クッション性のある靴やマットを使って縄跳びをすると、足への負担を減らすことができます。特に足首への衝撃が大きくなりがちな縄跳びダイエットは、体重が多すぎる人の場合は頑張りすぎると下半身への間接に衝撃がいって痛めてしまう危険性があります。男性には必要ありませんが、バストの揺れを押さえるために縄跳びダイエット時にはスポーツブラがあるといいでしょう。

縄跳び運動を行うと、どうしても体を上下に動かすことになります。これが全身運動となるのですが、女性の場合、胸を押さえずに上下に動く運動をすると、胸の運動になってしまいかねません。どのように跳ぶかにもよりますが、垂れ乳になってしまうかもしれません。ダイエットの目的はボディラインを整えることであるという人が多いですから、縄跳びダイエットで胸のラインが崩れてしまっては意味がありません。

続きを読む

サイトTOPへ